Copyright © 山東国瓷功能材料股份有限公司 ALL RIGHT RESERED 鲁ICP06038826号 Powered by www.300.cn

Sinocera事業

製品名

電子セラミックス材料-電子セラミックス事業部

高周波誘電体材料は高周波共振器、フィルタ、高周波アンテナおよびデュプレクサなど高周波部品に関する最も重要な材料であり、モバイル通信、衛星通信、全地球測位システム(GPS)、インタネット接続、ウイヤレス・ネットワーク(WLAN)およびブルートゥースなどの現代高周波通信技術の中で非常に重要な応用がある。製品の規格について、問い合わせがあれば、市場部とコンタクトしてください
製品説明
 
電子セラミックス事業部はシノセラの下にある事業部で、新しい材料に専攻しながら、研究開発、生産販売を直接行い、設立以来、ずっと早いスピードで成長実績を上げ、会社全体の発展には固い基礎を築き上げた。
本事業部は主にチタン酸バリウム(以下チタバリと略称)をはじめとし、MLCC用の配合粉末材料、円盤デイスクやマイクロ波用の粉末材料、フェライト材料などの製品が様々な電子情報機器と通信機器に広く汎用され、肝心な製法技術即ち水熱合成法を活用しながら、現在世界でナノ粒子としてチタン酸バリウム粉体の最大生産基地になった。その内、伝統的な積層セラミックコンデンサ(MLCC)シリーズの機能材料として、その市場占有率が国内では八割以上、世界では三割以上になっておる。
 
 
本事業部は継続的にイノベーションと研究開発を展開し,いま現在既に累計13件の発明特許を提出され、その内6件の特許はちゃんと許可された。且つ「一種の連続整備とするチタバリ粉体の技術」は一度中国特許金賞を獲得した。「積層セラミックコンデンサ用のチタバリに基づく誘電体産業化への肝心な技術と応用」が国家科学技術進歩賞として二等賞を受賞した。そして 主催者として《電子工業用の高純度チタバリ》という業界の規格標準を作り上げたし、《ナノグレードの酸化チタン》の国際の規格標準を作成参与した。これでだんだん国内の特殊セラミック粉体材料の先頭者になり、海外の会社がいいまでこの業界での独占局面も書き変えた。。
 
関係部門:電子セラミックス事業部电陶事业部
住所:山東省東営市東営区遼河路24号
 
販売課電話:0546-8073676
 
メール: market@sinocera.cn 
 
 
 
主な関係製品: 
チタバリ、MLCC用誘電材、マイクロ波用誘電材、フエライト用磁性材、チタニア
 
アプリケーション:各種電子情報機器や通信設備に汎用
 
製品の規格:
 
一、名称:チタバリ(全称:チタ酸バリウム  略称:チタバリ)
 
 
チタバリは電子セラミックスの中一番汎用されている材料の一つ,“電子セラミックス工業の柱”という美称もあり,主に積層セラミックスコンデンサー(MLCC)、立単面式セラミックスコンデンサー、サーミスタ、圧電セラミックス、マイクロ波セラミックスなどの電子部品に使う。
本事業部はチタバリ粉体の合成方法に対し、多年に渡る研究開発と応用実績のお蔭で、現在主に水熱法と固相法で生産している。水熱法で出来たチタバリ粉末は純度と活性が高い、球形状も良好、結晶度が高い、粒度分布がややシャープ、化学的均一性が良好という特徴があり、特にMLCC誘電体の材質領域には適用。現在本事業部は既に同業界の最高レベルを示すほど、高品質のナノグレードのテトラ相付きのチタバリを生産出来ている。固相法で生産出来たチタバリは顆粒形状が規則的で、サイズも均一、バリウムとチタンの元素比が安定という特徴がある。本事業部はナノ粒子を出発原料として、ナノ材料のビーズ・ミル技術と焼結技術と結びつき、それぞれ300、400、500nmなどの規格で固相法のチタバリを生産している。 
 
 
水熱法のチタバリ規格:
 

Product Name

Particle size(nm)  

SSA
(m2/g)

PSD(um)
D50

Ba/Ti

K-factor

c/a

 
 

HBT-050

500

2.00-2.30

0.91-1.11

0.9980-1.0020

≥6.00

≥1.0090

 

HBT-040

400

2.50-2.80

0.69-0.84

0.9980-1.0020

≥5.50

≥1.0090

 

HBT-030F

300

3.65-3.95

0.55-0.75

0.9980-1.0010

≥4.00

≥1.0090

 

HBT-025Q

250

4.60-5.10

0.45-0.65

0.9980-1.0020

4-10

1.0090-1.0110

 

HBT-020H

200

6.00-7.00

0.25-0.55

1.0035-1.0075

4-10

1.0090-1.0110

 

HBT-015

150

6.50-9.00

0.13-0.35

0.9980-1.0020

≥4.00

≥1.0080

 

MLC-010Q

100

9.80-11.50

0.09-0.120

0.9992-1.0015

--

--

 

MLC-006Q

60

15.00-17.60

0.09-0.125

0.9990-1.0015

--

--

 
 
固相法のチタバリ規格:
 

Item

Particle size(nm)

SSA (m2/g)

PSD(um)
D50  

Ba/Ti

K-factor

c/a

 
 

SBT-060

600

2.05-2.45

1.00-1.25

0.9960-0.9980

≥4.50

≥1.0090

 

SBT-045

450

2.15-2.50

0.80-1.00

0.9970-1.0000

≥5.00

≥1.0090

 

SBT-040B

400

2.55-3.15

0.70-1.00

0.9980-1.0020

4-10

1.0090-1.0110

 

SBT-030

300

3.60-4.20

0.50-0.70

0.9960-1.0000

≥3.5

≥1.0090

 

SBT-020

200

5.00-6.00

0.40-0.55

0.9960-1.0000

≥3.0

≥1.0090

 
 
二、名称:MLCC用の誘電材
 
 
誘電材(配合粉末)は積層セラミックコンデンサ(MLCC)の基礎且つ肝心な材料だ。MLCCと言えば主に電荷貯蔵、バイパス、フィルター、チューニング、発振などに通用、各電子や、通信、情報、航空など、民生と工業関連の重要電子部品だ。小型や構造精密、高信頼性などの特徴で現在SMT(Surface Mounted Technology)の技術に利点が目立つ、発展も迅速。
 
 
本事業部はずっと高信頼性、且つより良い安全、環境にやさしい、小型化、薄型化などのMLCCに適用する誘電体材料の研究開発と安定生産を工夫してきた。現在COG、X8R/X7R/X5R、Y5Vなど全シリーズでMLCC用の誘電材を供給できる,それによってもっとお客様の要望を満足させるために、もっと薄型で信頼性の高い且つ性能と価格比にもは利点が出るほど粉末品を開発、提供して行く。
 
 
製品規格:
 

Product Name

SSA

(㎡/g

 

Disc K

Disc DF(×10-4)

TCC

Sintering Temperature()

MLCC Dielectric Thickness
( μm)

type

MLC-280CA

5.0-7.0

30-33

5

NP0

955-985

6.0

BME

MLC-300N

6.30-8.00

30-33

5

NP0

1200-1230

6.0

BME

MLC-320NB

9.50-11.50

30-35

5

NP0

1150-1170

2.0

BME

MLC-350N

6.30-8.50

33-36

5

NP0

1270-1290

6.0

BME

MLC-850L

5.00-6.00

72-78

8

NP0

970-1000

6.0

PME

MLC-212N

3.5-4.5

2000-2400

80

X7S

1270-1290

20.0

BME

MLC-252N

4.6-5.6

1900-2300

80

X8R

1290-1310

16.0

BME

MLC-262N

3.30-3.90

2050-2350

80

X7R

1278-1270

6.0

BME

MLC-292M

4.20-5.20

2200-2400

60

X7R

1020-1040

8.0

PME

MLC-302N

3.80-4.80

2500-3000

100

X7R

1265-1295

6.0

BME

MLC-302M

3.70-4.50

2300-2700

80

X7R

1020-1040

6.0

PME

MLC-312N

4.20-5.00

2600-3000

80

X7R

1278-1290

10.0

BME

MLC-312NB

3.5-4.5

2400-2900

80

X7R

1270-1290

6.0

BME

MLC-322N

4.50-5.50

2500-2900

80

X7R

1278-1290

6.0

BME

MLC-342N

4.5-5.5

2400-3000

80

X5R

1210-1230

2.0

BME

MLC-362NB

4.5-6.5

2500-3000

80

X7R

1290-1310

2.0

BME

MLC-153NB

4.0-6.0

11000-14000

50

Y5V

1215-1245

8.0

BME 

三、名称:マイクロ波誘電体

マイクロ波誘電体用の粉末はマイクロ波共振器、フィルター、マイクロ波アンテナ及びデュプレクサなどの部品に使う基本材料である。今移動通信や、衛星通信など、グロバル測位システム(GPS)、無線電波への接続、無線LAN(WLAN)及びブルーツース技術(Bluetooth)など現代通信技術の中に、非常に重要役割を果たしてある

製品規格:

 

Product Name

Dielectric Constant
(εr)

Temp.Coefficent
 τf(ppm/
)

Q values f0×Q (GHz)

Sintering Temp
(
)

MWD-210HB

21±1

0±10

≥50000

1340

MWD-380H

38±1

0±5

≥40000

1340

MWD-400H

40±1

3±5

≥70000

1600

MWD-450H

45±1

0±5

≥35000

1500

MWD-920H

92±2

0±5

≥5000

1260

MWD-111H

110±5

3±5

≥2000

1250

 
四、名称:フエライト磁性材料
 
渡り鳥が遷移、鮭が回遊しながら昔の生まれた場所に遡ったりして、それは全部ナビゲーションが必要。フエライトは人工磁性体の代表で、各磁場が必要な所に必ず磁性体がある。それでメモリやマイクロ波の部品にもよく使われている。
本事業部は固相法や沈殿法、水熱法などでフエライトを生産する技術方法を有し、お客様のニーズに応じ、一時粒子の粒径が20-500nm,造粒粒径が3-100umの関連製品が生産しておる。水熱合成技術で生産出来たナノ粒子はMn-Zn、Ni-Znのフエライトで,顆粒が均一、粒度分布がシャープ、活性が高い,低温焼結は実現できるほど高Bs、高Q値、低ロスなどの要望には満足させるほどできる。特にチップ式の電感領域には一番適切。
 
 
製品規格:
 

Products

GR008

LR400

PR013

GR005

SSA

8.0-12.0

8.0-12.0

8.0-12.0

8.0-12.0

D50(um)

0.2-0.6

0.3-0.6

0.3-0.6

0.4-0.6

Sintering

900/3h

900/3h

900/3h

900/3h

Densityρ(g/cm3)

5.1

5

5.1

5.1

Initial permeability  μi LTC

200

30

100

400

Curie temperature Tc

>200

>300

>200

>150

Electrical resistivity (Ω·m)

108

108

108

108

Saturation magnetic flux density Bs (mT)

450

300

300

450

Relative loss factor tanδ/μi

30(0.1MHz

800(50MHz

100(10MHz

60(2MHz

 
 
五、名称:チタニア
 
チタニアは珍しい光学性質があり、化学的安定性も熱安定性も高いし、毒性もなし、親水性が優れる、遷移性も余りなし、完全に食品と接触できる。それで化粧品や、光触媒、塗料、製紙、航天などの領域に広く汎用されている。
本事業部は水熱合成技術でチタニアを生産出来、特徴としては純度が高い、粒径が狭い、活性が高い、分散性も高い。電子セラミックス、触媒担体、化粧品、光触媒の業界仕様に適応し、多種類の規格で高品位のチタニアを供給できる。
 
対応する仕様が見つかりません。バックグラウンドのプロパティテンプレートに追加して下さい
暂未实现,敬请期待
暂未实现,敬请期待
上のエントリ