Copyright © 山東国瓷功能材料股份有限公司 ALL RIGHT RESERED 鲁ICP06038826号 Powered by www.300.cn

News Center

シノセラの子会社国瓷博晶もSAPシステム運行開始

【概要】:
2017年5月13日から国瓷博晶(シノセラの江西子会社の簡称)が’SAP、OAシステム運行構築スタートし、プロジェクト実施内容は以下を含め:MM(資材、倉庫)、SD(販売)、PP(生産)、QM(品管)、FICO(財務、コスト)。プロジェクトチーム全員58日間を苦戦し、プロジェクトの準備、設計、システム実現、オンラインの準備、システムオンラインなど5段階を経由し、2017年7月6日に最終に運行成功達
  2017年5月13日から国瓷博晶(シノセラの江西子会社の簡称)が’SAP、OAシステム運行構築スタートし、プロジェクト実施内容は以下を含め:MM(資材、倉庫)、SD(販売)、PP(生産)、QM(品管)、FICO(財務、コスト)。プロジェクトチーム全員 58日間を苦戦し、プロジェクトの準備、設計、システム実現、オンラインの準備、システムオンラインなど5段階を経由し、2017年7月6日に最終に運行成功達成された。
 
  ERPシステムはプロジェクトの起点だけではなく、システム利用効率を最大化に実現するのが本来目的だ!「技術は3割、管理は7割、データーは十二分の値打があるほど」という言い方もあり、今回のSAPデータシステムは大部分が各業務操作のモジュールを通じて、財務コストモジュールへ取り込み、この中に、日常操作が厳しい状況に応じて時間通りに処理し、厳密に運行プロセスに基づきよく操作し、原価計算も精確にに達成するように会社全体発展のため有意義なデータを参考にして、会社の経営方針には精確なデーターを提供できるほどと認められている。
 
  今後上層管理部門の協調とあらゆるユーザーの工夫により国瓷博晶のSAPシステムがさらに急速邁進と期待できると思う。