Copyright © 山東国瓷功能材料股份有限公司 ALL RIGHT RESERED 鲁ICP06038826号 Powered by www.300.cn

About Us

   

    山東国瓷功能材料股份有限会社(略称:シノセラ、SINOCERA)は2005年4月に設立し、新材料を専攻し、主に新しい材料の研究開発、生産、販売とするハイテク企業だ。会社の製品は主に電子セラミックス用の誘電材、構造品用のセラミックス材料(ジルコニアとアルミナのナノ粒子の複合材など)、建築陶磁器用のセラミックス材料(セラミック・インク、上薬)、電子関連の金属ペスト(銀、アルミ、銅、ニッケルなどの関連ペーストなど)、触媒材料(ハニカム・セラミックス、分子篩、セリウムとジルコニウムの固溶体など)など。製品の応用領域は主に電子情報、通信、生物医薬、新エネルギー自動車、建築材料、自動車部品、工業用触媒、太陽光発電、宇宙航空などのハイテク分野だ。 

    会社は2012年1月13日に中国深センの創業板(China Growth Enterprise Market;或は China Second Boardと言う取引場)に株上場し(証券コード300285)、2013年フォーブス(Forbes)誌には中国最大潜在力のある上場社としてトップ・ランク6名に評価された。会社が設立以来、ずっと急速な成長を維持し、上場後に産業分野の再細分、地域総括管理、産業チェーンの延長など徐々に工夫し、配慮を深め、資源配置で長期経営や、会社の未来発展するにはしっかり基礎を築き上げた。

      会社の発展戦略は主に材料を中心に、優秀な人材を集め、イノベーションと産業統合のプラットフォームを作り上げ、技術革新と品質安定に集中し、シノセラ独自の業務システムを積極的に推進し、会社の総合競争合いを強めること。

   ここ数年間、次第に「山東省電子セラミックス材料工程技術研究センター」、「山東省電子セラミックス材料工程実験室」、「山東省企業技術センター」この三大研究基地を社内に設立し、継続的に技術革新と研究開発を邁進してきた。いま現在、会社の累計発明特許は28件、実務特許51件、その内「一種の連続整備とするチタバリ粉体の技術」は一度中国特許金賞を受賞された。

    会社独自の開発プロジェクト「積層セラミックコンデンサ用のチタバリに基づく誘電体産業化への肝心な技術と応用」が国家科学技術進歩賞として二等賞を獲得した;その上に顕著な開発実力をもとに、まとめ役として「電子工業用の高純度チタバリ」に対し中国業界標準、『ナノグレードの酸化チタン』や『シリコンゴム用の気相シリカ』に対し国際標準を設立した。ここ数年間の実績で、シノセラが国内の特殊セラミックス粉体分野での先頭派になり、海外同業者の独占局面を書き変えた。 今後シノセラは引き続き「お客様を中心に、最優チームで決勝、革新で未来を駆動、改善はエンドレス」というモットで、従業員達の価値観を最大実現に取り組み、抜群な材料先駆者として、先端材料にて人間社会をサービスしながら、社員幸福をもたらすように「より良い材料、より良い生活」を会社使命として邁進する。